同窓会会則

長崎公務員専門学校同窓会会則

 

第1章 総 則

 

(目 的)

第1条 本会は,会員相互の親睦と向上発展を図り長崎公務員専門学校の発展に寄与することを目的とする。

2 本会は,前項の目的を達成するため,次の事業を行う。

一 同窓会便りの発行

二 会員相互の親睦を図る事業

三 長崎公務員専門学校の発展に寄与する事業

四 その他,目的を達成するために必要な事業

 

(名称及び設立)

第2条 本会は,長崎公務員専門学校同窓会と称する。

2 設立年月日は平成25年11月10日とする。

 

(事務所)

第3条 本会の事務所は,長崎市大黒町11-4 長崎公務員専門学校2号館に置く。

 

第2章 会 員

 

(会員の種類及び資格)

第4条 本会は,次の各号に掲げる会員を以て組織する。

一 正会員 長崎公務員専門学校に在籍し,入会の同意をした者(但し,本会発足時以降の在籍者については,特別の意思表示をした場合を除き同意したものとみなす。)

二 特別会員 長崎公務員専門学校の教職員及び教職員であった者

 

第3章 役員及び顧問

 

(役 員)

第5条 本会には,次の役員を置く。

一 理事10名以上(うち,会長1名及び副会長3名を含む。)

二 監事1名

 

(役員選出)

第6条 理事は総会において選出する。

2 会長は,理事の中から互選する。

3 副会長は,理事の中から会長が選任する。

4 監事は,会員の中から会長が理事会の同意を得て選任する。

(役員の任期)

第7条 役員の任期は3年とし,再任を妨げない。

2 欠員補充により選任された役員の任期は,前任者の残任期間とする。

3 役員は任期満了又は辞任の後でも,後任者が選任されるまで,その任務を行う。但し,解任された場合には,この限りではない。

 

(役員の解任)

第8条 役員が次の各号の一に該当するに至ったときは,総会において,出席した会員(委任状出席を含む)の過半数の議決により,解任することができる。

一 本会則に違反したとき

二 信義誠実に,職務を履行しないとき

三 心身の故障のため職務の執行に堪えないとき

四 その他,本会の役員として不適当であると思われるとき

 

(顧 問)

第9条 本会に顧問を置くことができる。

2 顧問は,理事会の承認を経て,会長が嘱託する。

3 顧問は,会務に関して会長の相談に応じる。

4 任期は,会長の任期と同じとする。但し,再任を妨げない。

 

(役員の任務)

第10条 役員の任務は,次のものとする。

一 会長は,本会を代表し,会務を総理する。

二 副会長は,会長を補佐し,会長に事故があるときはその職務を代行する。

三 理事は,会務を掌理する。

四 監事は,会計及び会務執行の状況を監査する。また,監事は,理事会に出席して,意見を述べることができる。

 

第4章 総 会

 

(招 集)

第11条 総会は,会長が招集する。

2 2名以上の理事から招集の請求があった場合には,会長は総会を招集しなければならない。

 

(審議事項)

第12条 総会は,次の事項を審議し,決議する。

一 会則の改正

二 予算及び決算

三 事業計画及び実施

四 役員の任免

五 入会金,会費及びその他の会費

六 本会の財産の運用及び処分

七 理事会への委任,その他の重要事項

2 前項の決議は,理事会の決議を得た場合,総会の決議を省略することができる。その場合,次の総会で報告しなければならない。

 

(議 長)

第13条 議長は,会長が選任する。

 

(議決方法)

第14条 総会は,出席した会員(委任状出席も含む)の過半数を以って,決する。なお,可否同数の場合には議長の決するところによる。

 

第5章 理事会

 

(招集,運営及び議決方法)

第15条 理事会は,必要に応じて,会長が招集する。

2 2名以上の理事から招集の請求があった場合には,会長は理事会を招集しなければならない。

3 理事会は,会長が主宰する。

4 議事は,出席した理事(委任状出席も含む)の過半数を以って,決する。なお,可否同数の場合には会長の決するところによる。

 

(審議事項)

第16条 理事会は,次の事項を審議し,決議する。

一 会則の改正

二 予算及び決算

三 事業計画及び実施

四 会長,監事その他の役員の任免

五 会費,寄附金及びその他の費用

六 本会の財産の運用及び処分

七 会長が必要と認めた事項,総会から委任された事項及びその他重要な総会決議に関する事項

 

第6章 会 計

 

(収 入)

第17条 本会は,会費,寄附金その他の収入をもって運営する。

2 会費等は理由のいかんを問わず返還しない。

 

(会計年度)

第18条 本会の会計年度は,毎年4月1日に始まり,翌年3月31日に終わるものとする。

 

 

(予算及び決算)

第19条 予算は,理事会の議決を得たうえ,総会の議決を得なければならない。

2 決算は,監事による監査の上,理事会の議決を得て,総会の議決を得なければならない。

 

 附 則

 

1 この会則は,平成25年11月10日から施行する。

 

2 本会の設立当初の役員は,次のとおりとする。

理事(会 長) 吉田 勝博

理事(副会長) 橋口 雅子

理事(副会長) 上野 良介

理事(副会長) 南  飛鳥

理事(会 計) 板山 美紀

理事      大曲 良太

理事      久保 真弓

理事      山﨑 圭介

理事      﨑田 宗奨

理事      前城 崇充

理事      池野 志歩

監事      吉川 洋祐

 

3.各年度のクラスごとに,原則として2名のクラス幹事をおくことができる。

広告